• ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

自分で調べて判断する

予算を決めることが、最も重要です。 気に入った車があっても、予算を越える場合は購入しないでください。 また、お店に行ってスタッフと会話をすることも大切です。 スタッフの対応が悪いお店は、信頼できないので中古車を購入してはいけません、 信頼できるお店に行きましょう。 続きを読む

実物を見てから決めよう

中古車を購入する時は、予算を決めてください。
本体価格だけ見て、購入を決めるのはいけません。
他にも、様々な費用が発生します。
また自分の目で確認することが大事です。
写真で見た時は気に入ったかもしれませんが、実際に見ると何か違うと感じることがあります。
お店や、対応してくれるスタッフも確認してください。
親切な対応をしてくれないスタッフがいるお店は、不安なので避けましょう。

見た目に、目立つ傷がないか確認してください。
大きな傷がついていたり、たくさんの傷がある車は問題が起こる可能性が高いので避けてください。
タイヤも確認して、すり減っていないか判断してください。
臭いも、気になる部分です。
前の車の所有者がペットを飼っていた場合は、ペットの臭いがするかもしれません。
気になったら、購入を控えた方がいいです。
またシートにシミなどがあるケースも多いので、気になる点が無いか細かくチェックしてください。

エンジンがきちんとかかるのか、運転して確かめてください。
運転すれば、ハンドルが握りにくいなども問題があった際に気づけます。
車によってシートやハンドルの位置が微妙に変わるので、実際に乗ってみないとわかりません。
昼間に試乗した場合でも、ライトが点灯するのかチェックしましょう。
ライトが切れていたら、自分で中古車を購入したあとに取り換えなければいけないので余計な手間と、出費が発生してしまいます。
事前に確認を済ませてください。

気になった中古車が見つかった時

この中古車がいいと思っても、よく確認すればたくさんの傷を確認できるかもしれません。 傷が多い車は、壊れやすいので避けた方がいいでしょう。 外見だけでなく、内装も調べてください。 これから乗り続けるのに、内装が気に入らなかったら運転する気力がなくなってしまいます。 続きを読む

乗ってみることが最も大事

内面や外装をチェックしたら。いよいよ本格的に試乗して決めてください。 運転しにくいと感じた車は避けて、別の車を選択しましょう。 運転しにくい車は、事故を起こす危険性があるので危険です。 ただ乗ってみるだけでなく、少しだけでいいので運転してください。 続きを読む

▲トップへ戻る